パソコンのUSBで温かい、冷たい状態で飲める

Written by faa on 02/24/2021 in 出来事 with no comments.

私は、以前の職場でデスクワークの仕事にも就いていたことがあります。

他のスタッフに混じって資料とにらめっこをしながらパソコンを使い、仕事をしていました。「さっき買ってきたホットのドリンクの中身がなくなったから、また新しいのを」と、席を立ち、また同じフロアーにある自販機へと向かいます。「今度は、あったかいのが長持ちするココアにしよう」と、ココアを買ってデスクに戻り、またパソコンと資料をにらめっこするのでした。しばらく格闘していたら、のどが渇いてきたので、ココアに手を伸ばして飲もうとしたところ、なんだかもう、生温くなっていました。

「長持ちするはずが冷めちゃったけど、まあいいか」と中身をグイッと飲みました。

仕事なので、毎日がこんな繰り返しで、いつも頭の片隅に思うことがありました。「買ってきた状態の温かいままが持続しないかなぁ?」と思っていたのです。それを思い出し、今になって探してみたところ、自分が思っていたものにピタッとハマる素敵な商品があったので、書いてみたいと思います。

その商品は、見た目はなにも変わらない、黒色の普通のカップホルダーです。ただ、よーく見てみると、カップの下からコード、そして、コードの途中に切り替えスイッチのようなものが付いています。その先端はパソコンに繋ぐのでしょうか?USB端子の形をしています。そのカップの特徴を見てみると、缶や紙コップの温かい、冷たいの状態がずっと続くからいいね!とあります。

温かい、冷たいがずっと続く?これはいったいどういうことでしょうか?その秘密はカップのペルチェ素子という特殊なプレートがホルダーの底に付いていて、それがパソコンのUSBからの給電によって働き、缶や紙コップの温度をずっと、スイッチを入れたとおりの温度に保ってくれるということだそうです。スイッチが温なら温かく、冷なら冷たい状態に、オフならなにもしない、という3段階の仕様なのだそうです。そのためにスイッチやUSBの端子が付いていたのですね。

これはなんと素敵な商品なのでしょう!!温かい、冷たい状態になったドリンクをカップホルダーに入ったままで飲めるのだそうです。まさに私の願いを叶えてくれる商品と出会えました。この商品を作ってくれた、サンコーというメーカーと、この商品との出会いに感謝しないといけないですね。

Comments are closed.