クレーターVSわたし

Written by faa on 03/22/2021 in スキンケア with no comments.

肌のお悩みは人生の付き物。突然ですが、わたしの肌の悩みはズバリ頬にある凸凹状の痕。俗にいうクレーターというものです。わたし自身は人よりも肌荒れがひどく、思春期には毎日違うところにニキビができていました。治るのも非常に遅く、目立つのが嫌で自分で潰してばかりいました。潰すことがダメなことは分かっていたのですが、その当時のわたしはその行為が後々にクレーターと呼ばれる最悪の事態を引き起こすとは知らなかったのです。

http://www.madelocalmarketplaceshows.com/

クレーターの厄介なところはとにかく目立つことです。下地やファンデーションでは隠しきれないのはもちろんのこと、最近のカメラアプリを使っても凹凸が目立つこともしばしば。同年代の肌の綺麗な人を見て落ち込むこともかなりありました。クレーターは肌の奥(真皮)まで傷付いているため、単純にビタミンや栄養を摂ったり、化粧品を使っても改善することはまずありません。高価なレーザー治療でも30%ほどしか改善はしないと言われています。非常に厄介です。

クレーターは凹凸であるため遠くから見ても目立ちます。近くて見られると尚更です。どんなに毎日丁寧にベースメイクをしても、完璧に隠しきれることはありません。肌荒れをここまで隠すメイクのやり方!などを見てもみな毛穴や少しのニキビ跡ばかり。わたしのような凹凸のあるクレーターを抱えた方は見たことがありません。やはり少数派なのでしょうか?1日でも早くクレーター治療の技術が発展し、元の肌に近づける日が来るのを願っています。

Comments are closed.